<
|届出・様式が一部変わります

 平成28年1月から個人番号の利用が開始されましたが、平成29年1月より関連法令に基づき、健康保険業務で用いる届出・申請・請求書等の内、特定のものに個人番号欄等が追加されますので、お知らせいたします。

(1)個人番号の記入が必須のもの

「個人番号」欄が追加され、個人番号の記入が必須になります。対象は次の2様式です。

・被保険者資格取得届

・被扶養者異動届(新規>

(2)個人番号の記入が選択になるもの

従来と同じ書式で、「備考」欄の項目表示に“個人番号”の表記を追加した様式になります。(項目表示は「備考 個人番号:」となります。)

 被保険者証の記号・番号に代えて、個人番号を書いてご申請いただけますが、従来どおり記号・番号で申請をしていただく場合は、備考欄の個人番号の記入は不要です。

様式については「各種届出・申請用紙」にあります見本をご参照願います。

→戻る

健康保険組合ダイヘントップへ