<
|健康保険制度が変わります
 平成28年10月1日より施行される「短時間労働者に対する厚生年金・健康保険の適用拡大」、「被扶養者の認定に関する「兄姉」の同居要件の廃止」についての改正内容についてお知らせします。

◆社会保険加入者の範囲が短時間労働者へも拡大されます
次の要件をすべて満たす短時間労働者(パートタイマー等)は社会保険の加入対象(被保険者)になります。
■短時間労働者の加入要件
1.週の所定労働時間が20時間以上あること
2.賃金の月額が8.8万円(年収106万円)以上であること
3.勤務期間が1年以上見込まれること
4.従業員501人以上の企業(特定適用事業所)
5.学生は適用除外※
※ただし、次に掲げる方は被保険者になります。
・卒業見込証明書を有する方で、卒業前に就職し、卒業後も引き続き同じ事業所に勤務する予定の方
・休学中の方
・大学の夜間学部及び高等学校の夜間等の定時制の課程の方等
■ダイヘン健康保険組合の被扶養者が他事業所の短時間勤務者である被保険者の方へ
健康保険組合が被扶養を判断する年収130万円の基準に変更ありませんが、社会保険の適用拡大(法改正(H28.10))により、現在、ダイヘン健康保険組合の被扶養者である方の年収がが130万円未満であっても、勤務時間や勤務先の要件に当てはまる場合は、勤務先の健康保険の被保険者として加入することになります。この場合は、ダイヘン健康保険組合の被扶養者資格はなくなるため、扶養喪失手続き(被扶養者(異動)届の提出及び健康保険被保険者証の返還)が必要です。自動的に喪失とはなりませんのでご注意ください。また、被扶養者資格喪失後はダイヘン健康保険組合の健康保険被保険者証は使えません。医療機関には新たな加入先の健康保険被保険者証を提出してください。
なお、適用拡大により被扶養者の勤務先の健康保険の加入対象になるかどうかは、被扶養者の勤務先にお問い合わせください。
◆兄姉の被扶養者認定における同居要件が撤廃されます
兄姉の被扶養者認定における同居要件は、平成28年10月1日より撤廃され、生計維持関係のみとなります。
→戻る

健康保険組合ダイヘントップへ