|平成28年4月から、おくすり手帳を持参しないと高くなります。
おくすり手帳は、いつ、どこで、どんな薬を処方してもらったかを記録しておく手帳のことです。医師や薬剤師にこの手帳を見せて服薬状況を確認してもらうことで、薬の飲み合わせや、重複投与を防ぐ目的があります。余計な薬を減らす事にもなり、医療費の適正化にもつながります。
 しかし、この無料の手帳に「記録する」にはお金がかかり、現在は管理指導料として410円が診療報酬として加算され、患者は年齢や収入に応じて1〜3割を窓口で支払っています。
 一方、おくすり手帳がない場合の管理指導料は340円と、手帳を持っている場合よりも患者が支払う金額は安くなり、手帳を持たない人も出ていました。
 これでは、おくすり手帳で服薬管理をしたい国の意向と矛盾が生じます。このため2016年度の診療報酬改定では、4月からの管理指導料を、おくすり手帳を持参した場合は380円に引き下げ、おくすり手帳がない場合は500円に引き上げました。差額は120円。手帳の有無によって、1割負担であれば10円、3割負担であれば40円の差が生じることになります(四捨五入で10円単位で計算)。また、おくすり手帳を忘れ、その場で再発行をした場合にもこれまでの無料が500円になります。
 ただ注意したいのは、管理指導料が減額されるのは6カ月以内に同じ薬局で調剤を受けた場合のみという点です。6カ月以上来局していない場合や、別の薬局で薬を処方された時の管理指導料は、380円ではなく500円となります。
また、大病院の前などにある、いわゆる大型門前薬局と呼ばれる薬局などでは、管理指導料は500円です。複数の場所での薬の処方を、門前薬局ではなく地域の「かかりつけ薬局」に取りまとめることで、患者の普段の健康相談などの窓口を担ってもらったり、医療費を抑制したりする狙いがあるようです。
いずれにしましても、今回の診療報酬改正をうまく活用して少しでも医療費の節約につなげたいものです。
→戻る

健康保険組合ダイヘントップへ