|平成27年1月1日から高額療養費制度が変わりました
 高額療養費の自己負担限度額について、所得に応じた負担を求める観点から、平成27年1月診療分より、70歳未満の所得区分が細分化されました。

<平成26年12月診療分まで>
―蠧清菠 A(標準報酬月額53万円以上の方)の自己負担限度額:
[150.000円+(総医療費-500,000円)×1%]円
 多数該当:83.400円
⊇蠧清菠 B(上位所得者・低所得者以外の方)の自己負担限度額:
[80,100円+(総医療費-267,000円)×1%]円
 多数該当:44,400円

<平成27年1月診療分から>
―蠧清菠 ア (標準報酬月額83万円以上の方)の自己負担限度額:
[252.600円+(総医療費-842,000円)×1%]円
 多数該当:140,100円
⊇蠧清菠 イ(標準報酬月額53万円〜79万円の方)の自己負担限度額:
[167,400円+(総医療費-558,000円)×1%]円
 多数該当:93,000円
所得区分 ウ(標準報酬月額28万円〜50万円の方)の自己負担限度額:
[80,100円+(総医療費-267,000円)×1%]円
 多数該当:44,400円
そ蠧清菠 エ(標準報酬月額26万円以下の方)の自己負担限度額:57,600円
 多数該当:44,400円

多数該当とは
 療養を受けた月以前1年間(直近12カ月間)に、3回以上高額療養費の支給を受けた場合は、4回目の月から「多数該当」となり、自己負担限度額が軽減されます。
→戻る

健康保険組合ダイヘントップへ