|偽装の医療費のお知らせにご注意!!
新聞によりますと、健康保健組合などからの医療費の通知を装い、ウィルスを仕込んだメールが企業の従業員らに送られていることが分かったそうです。
感染するとパソコンが遠隔操作される危険性があり、注意が必要です。
情報セキュリティー会社によりますと、メールは健康保険組合事務局などを装い、件名に「医療費通知のお知らせ」などと記載。9月頃から確認され始めたそうです。マイクロソフトの文書作成ソフト「ワード」に偽装したファイルが添付されています。
偽装は「年末調整などが始まり医療費に関心が高まった時期を狙っている」と指摘しています。
ダイヘン健康保険組合では、会社や自宅にメールによる医療費通知をすることはありません。医療費のお知らせは、紙に印刷したものを原則社内便(任意継続は郵送)で行っています。偽装メールを開くと不正プログラムが働き、ウィルスに感染する恐れがありますので、くれぐれもご注意下さい。
また、このような事例がありましたら、健康保険組合まで情報提供願います。
→戻る

健康保険組合ダイヘントップへ