|柔道整復師[整骨院・接骨院]にかかる場合の注意事項
柔道整復師で受ける治療のうち、適正な支払に調査が必要と判断される場合には、健康保険組合より受診者に対して、電話または文書で、負傷原因、治療年月日、治療内容などを照会させていただくことがあります。
照会の結果、療養費支給対象外と判断したときは、柔道整復師から「健康保険が使える」と説明を受け整骨院・接骨院を受診されても、後日整骨院から請求されるか、もしくは健康保険組合から請求させていただき、全額を自己負担していただくことになります。
以下に柔道整復師にかかる場合の注意事項を記載していますので、正しい知識をもって適切な受診をするようにして下さい。

1.負傷の原因を正しく伝えましょう
何が原因で負傷したのかをきちんと伝えましょう。外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害に該当する場合又は、通勤途上におきた負傷は健康保険は使えません。また、交通事故等による第三者行為に該当する場合は健康保険組合へ速やかに連絡をして下さい。
2.病院との重複受診は健康保険扱いできません
同一の負傷について、同期間に医師の治療と柔道整復師の治療を重複して受けた場合、原則として柔道整復師の治療は全額自己負担になります。ただし、負傷の状態の確認のために医師の検査を受ける場合や、投薬のために病院に行くことは可能ですので、このような場合は医師の指示を得てその旨を柔道整復師に申し出て下さい。
3.「療養費支給申請書」の内容をよく確認し、必ず自分で署名または捺印しましょう
「療養費支給申請書」は、受療者が柔道整復師に委任をし、本人に代わって治療費を健保組合に請求し支払いを受けるために必要な書類です。委任欄に署名する場合は、傷病名・日数・金額をよく確認し、署名しましょう。白紙の用紙にサインをしたり、印鑑を渡してしまうのは、間違いにつながる恐れがありますので注意して下さい。
4.領収書をもらいましょう
領収書は必ずもらいましょう。金額などに相違があれば、健康保険組合までご連絡下さい。なお、領収書は、医療費控除を受ける際にも必要になりますので大事に保管して下さい。
5.治療が長引く場合は一度医師の診断を受けましょう
長期間治療を受けても快方に向かわない場合は、内科的要因も考えられますので、一度医師の診断を受けましょう。
6.「ついでに他の部分も」とか「家族に付き添ったついでに」といった「ついで」の受診は支給対象外です
家族や友達の受診に付き添いで行き、特に痛みや不具合はないけれども、折角の機会だからついでに診てもらったとか、治療を施してもらったついでに反対側も診てもらったといった「ついで」の受診は支給対象外になりますので軽率な受診は控えましょう。
→戻る

健康保険組合ダイヘントップへ