医療費適正化のために平成18年から段階的に進められている制度改正が、平成20年4月にも行われます。大きな改正ポイントは、後期高齢者医療制度と特定検診・特定保険指導のスタートです。
わたくしたちの生活にどのようにかかわってくるのでしょうか?

75歳以上のすべての方を対象とする新しい医療制度として、「後期高齢者医療制度」が創設されます。
この制度は高齢者への医療費給付を安定させ、高齢者にふさわしい医療をめざすことを目的としてつくられた制度で、健康保険組合もその財源を支えるため、支援金を負担します。
65〜74歳の方は「前期高齢者」となりますが、現行どおり、健保組合や国保の被保険者や被扶養者として給付などを受けることになります。
健康保険組合ダイヘントップへ