健康保険組合は、健康保険の運営を政府に代わって行う公法人です。
 その運営は事業主の代表と、従業員の代表である同数ずつの議員によって、健康保険法に規定される範囲の中で自主的、民主的に行われています。

 健康保険組合では国会にあたるのが組合会で、内閣にあたるのが理事会です。つまり、組合会は議決機関で、理事会は執行機関になるわけです。そして、それらの仕事を監査する機関として監事があります。

 理事会を構成する理事は健保組合の役員で、選定議員と互選議員の中からそれぞれ半数ずつ選びます。
  また、理事長は理事会員の選挙により、選定議員から選ばれた理事の中から選ばれます。選ばれた理事長は組合を代表するとともに、組合運営の最高責任者であり、理事会および組合会の議長をつとめます。そして、理事長は理事の中から常務理事を選任し、理事長の持っている権限や、事業運営に必要な業務を代行させています。

 業務の執行と財産の状況を監査するために、組合会の選定議員と互選議員からそれぞれ1名ずつ選任された監事が置かれています。
   
     
 
     
健康保険組合ダイヘントップへ