75歳以上の人はこれまで加入していた国保や健保からはずれて、後期高齢者医療制度に加入します。


 75歳以上の被保険者に75歳未満の被扶養者がいる場合、被保険者が後期高齢者医療制度に移行すると、被扶養者は資格を喪失します。国保などへの加入手続きが必要になりますので、ご注意ください。


 各種申請や届出などの窓口業務は市(区)町村が担当します。


 後期高齢者医療制度では、1人ひとりが被保険者になります。健康保険組合の被扶養者になっていた人も75歳になると後期高齢者医療制度の被保険者となり、原則として年金からの天引きにより保険料を納めることになります。
詳しくは、広域連合にお問い合わせ下さい。


 新しく交付されます。この保険証を医療機関の窓口に提示してください。


 1割(現役並み所得者は3割)です。

 
 
健康保険組合ダイヘントップへ