健康保険では業務外の病気やケガの場合に療養の給付が行われますが、場合によっては国や地方公共団体が医療費の全額あるいは一部を公費で負担するケースがあります。
市町村・かかりつけの医師に、公費負担と診断された方は、必ず健康保険組合までお知らせください
1. 戦傷病者や原爆被爆者に対する医療のように国家補償的意味を持つ場合
2. 結核や法定伝染病など社会防疫的意味を持つ場合
3. 身体障害者への医療のような社会福祉的意味を持つ場合
4. 企業活動に基づく公害病
5. スモンなど難病の治療、研究を目的とする場合

   
   
健康保険組合ダイヘントップへ