健康保険証を持っていけば、すべて健康保険の診療・治療が受けられるわけではありません。健保の対象になるものとならないものがあるので、知っておきましょう。
 
  医療費といっても、病気・ケガ・入院・出産とさまざまな種類があります。また、医療費のムダ遣いは患者自身のためにもなりません。医療消費者として意識をもち、上手に利用しましょう。
 
健康保険組合ダイヘントップへ